結婚式を成功させるために!準備の前に決めておくと良いこと

結婚式を挙げることが決まって、こちらの記事を訪問して下さった方が多いと思います。

「ご結婚おめでとうございます!」

結婚式を挙げることに決めたけど「まず何から始めたら良いのだろう?」と分からない方も多いと思います。

結婚式を挙げた方に細かく聞けるのがベストだと思いますが、兄弟姉妹ならともかく友人には聞きにくい部分もありますよね。

私は妹が先に結婚式を挙げたので色々と聞けましたが、一応結婚式準備の本も購入しました。

ネットで調べれば大体は答えが見つかるとは思いますが、情報の真偽や個々人により内容がまちまちなことも多いので、何だかんだ本の内容を参考にしたことも多かったですよ^^

結婚式の準備(行動)を始める前に決めておくこと

先ほどの「結婚準備の便利帖」によると、まずは「結婚式のイメージを固める」「テーマを決める」と良いとのことだったので、私たちも早速考えました。

初めにしっかり決めたことで結婚式場探しや式の準備を進めやすかったです。ぜひ参考にしてみて下さいね。

結婚式のイメージは出来るだけ具体的に!

イメージと言っても抽象的で分かりにくいと思いますので、実際に私たちが考えた内容を記載します。

結婚式のイメージ

  1. 予算が少なめなので費用は節約
  2. 余興はいらない
  3. 歓談の時間を多くしたい
  4. ゲストへのおもてなし重視
  5. 料理も重視
  6. 挙式は教会式が良い

どのような結婚式にしたいか(2、3、6)、何を重視するか重視しないか(4、5)などを決めました。

結婚式の準備は細かいことまで決めたり費用がかかってきたりと、色々と判断に迷うことや誘惑?も多かったですが、これをしっかり決めたことで最後まで考えがぶれにくかったと思います。

特に金銭面はちょっとグレードを上げたり、追加のオプションを付けたりするとあっという間に高額になってしまうので、「何にお金をかけたいか」「お金をかけなくてもいい部分はどこか」は出来るだけ明確にしておいた方が良いですよ。

どんな結婚式にしよう?テーマも大事

イメージと何が違うか分かりにくいですが…私たちの場合は下記のように決めました。

結婚式のテーマ

  • アットホームな結婚式
  • 感謝
  • ありがとう

「ゲストに日ごろの感謝を込めておもてなしをする」という内容にしたかったので、このようなテーマにしました。

結果「ゲストに関することはケチらない」「余興はしない」「節約はゲストに影響しない部分で」と一貫して準備をすることが出来ましたよ。

準備を始める前に両親の意見を聞いておく

私たちはお互いの実家も近く、住んでいる地域特有の結婚式の風習もなく、各両親も「二人の好きなようにしなさい」と特にこうして欲しいなどの希望はありませんでしたが、実家同士が遠方の場合は会場の場所の希望などもあるかもしれません。

また、各地方の風習などもあるかもしれません(※妹は嫁ぎ先の風習で隣近所の方が参列していました)。

自分たち二人の希望の他に、お互いの両親にも何か希望・条件などがないかを先に聞いておくと、後から変更やトラブルになりにくいと思いますよ。

イメージを膨らますなら結婚情報サイトなどを活用して!

言葉や文字だけではなかなかイメージしにくいことも多いと思います。

そんな時に参考になったのが写真(画像)が見れる「結婚情報サイト」や「ゼクシィ」などの結婚情報誌でした。

先輩カップルの口コミや○○診断などを見ているうちに、「自分たちはこんな風にしたい」「こんな雰囲気の会場で結婚式を挙げたい」と結婚式のイメージが湧きやすかったです。

結婚式場を探す際も前述の結婚式のイメージやテーマを元に、各サイトの条件検索を使えば条件にあった結婚式場を絞って探せるので、効率よく希望の結婚式場を探すことが出来ますよ!

また、結婚情報サイトから予約をすると特典がもらえることも多いのでチェックしてみて下さいね。

「仕事が忙しくて自分で探す暇がなかなか取れない」という方は、プロに一緒に探してもらい予約までしてくれる相談カウンターを利用するのも手ですよ!

ゼクシィnet