後悔したくない!結婚式の主役・花嫁の髪型の決め方

結婚式当日の花嫁の髪型は、ヘアメイクさんとの打ち合わせやヘアメイクリハーサルで話し合って、調整をしながら決めていくことが多いと思います。

明確にこんな髪型がいい!と決まっている場合は、イメージしている髪型が載っている本などを見せれば、やりたい髪型が伝わるので良いのですが、決まっていない場合もありますよね。

漠然としたイメージや「ヘアメイクさんに完全にお任せ」としても、当日の花嫁の髪型は決まっていきますが、ヘアメイクの打ち合わせ時間は多くはないので少しでも伝える情報が多い方が良いと思います。

打ち合わせで明確にイメージが固まればヘアメイクリハーサルの必要性がなくなり、結婚式費用の節約につながるかもしれませんよ。

花嫁の髪型はいつまでに決めた方が良い?

調整が可能なら「髪型を何となくでも決める」→「ドレス小物合わせで小物選び」→「ヘアメイク打ち合わせで髪型を決定(→ヘアメイクリハーサルで最終決定)」の順で決めていけると良いと思います。

ドレスの小物合わせまでに髪型を決めておいた方が良い理由

ドレス小物を選ぶ時にどれにしようか悩まないのもありますが、何も決まっていないと選んだ小物とやりたい髪型が合わない!となる可能性もありますよね。

また、ドレスの小物合わせや最終フィッティングまでに髪型が決まっていれば、結婚式当日にやりたい髪型に近い髪型でドレスの試着をすることが可能です。
※ドレスショップでヘアセットを全くしてもらえない場合は、頑張って近い髪型を作って試着に行って下さいね。

この時の試着の写真を撮って、ヘアメイク打ち合わせの時に持って行けば、イメージを共有しやすく「思ったように伝わったか不安」ということも少なくなると思います。

具体的に髪型はどの程度決めていた?

私の場合を例に、小物合わせまでにどの程度髪型を決めていて、結果どう良かったのか説明していきます。

ウェディングドレスの髪型

私はウェディングドレスの髪型は『ローマの休日のオードリー・ヘップバーン(アン王女)みたいにしたい!』と、初めからイメージが明確でした。

↓↓このオードリー・ヘップバーンです

ちょうどドレスショップに、このポスター(?)が飾ってあったので、ドレスのフィッターさんに「イメージはあんな感じです」と伝えてアップスタイルにセットしてもらい、ティアラを選んでいくことに。

「幅があって高さが均一の大きめなものが近い形」と持ってきてくれたティアラがこちら↓↓

本物よりは小ぶりで装飾も控えめですが形は近い感じですよね。

横から見るとこんな感じです↓↓

参考にと幅がなく高さのあるティアラも着けさせてもらいました↓↓

ちょこんとした可愛らしい感じでディズニープリンセスが着けているような印象に。

ティアラ自体は可愛かったのですが、私自身が可愛らしいタイプではないのと「オードリー・ヘップバーンへの憧れ」が強かった(笑)ので、当初のイメージ通りの先に着けたティアラに決定しました。

カラードレスの髪型

カラードレスは妹から借りる花冠を着ける予定だったため、ヘッドアクセサリーは決まっていました。

髪型自体はウェディングドレスほど明確なイメージはなかったのですが、「お色直しでガラッと印象を変えたい」と思っていたので、ダウンスタイルに変えてもらいました。

地毛は後ろで束ねてウィッグを首に巻いているだけなので、少々不自然ですがイメージは掴めました。

片方にまとめたバージョンもやってくれました↓↓


ウェディングドレスの方は具体的に髪型が固まっていたため、ティアラはすぐにイメージに合うものを選ぶことが出来ました。

もし全く髪型を決めないまま、小さいティアラを選んでいて、後から「オードリー・ヘップバーンみたいにしたい」と思っても、イメージ通りにはなっていなかったと思います。

また、カラードレスの方も試着の際の写真のおかげで、ヘアメイクさんとイメージを共有しやすかったので打ち合わせもスムーズに進められましたよ。

花嫁ヘアメイクの打ち合わせを成功させるために

花嫁ヘアメイクはどんなことを決めていく?

花嫁ヘアメイクの打ち合わせでは、当日の準備がスムーズになるのはもちろん、結婚式当日にイメージと違う!とならないように細かい部分まで決めておいた方が安心です。

例えば・・・

前髪は?

  • おろす?アップにしておでこを出す?
  • おろすなら斜めにする?しない?
  • アップならひっつめる?ふわっとさせる?

ベールは?

  • ベールはどの位置に着ける?頭のてっぺん付近?後頭部あたり?
  • ベールは挙式後外す?外さない?

他にも耳は出すのか出さないのか?等々。

花嫁ヘアメイクの打ち合わせに持って行った方が良いもの

会場やヘアサロン側で何を持ってきて下さいと指示があるかもしれませんが、私が感じたあると良いものを紹介します。

1.花嫁ヘアメイクのカタログなど

『結婚式 髪型 花嫁』とネット検索すれば、髪型の画像が出てきますが、花嫁のヘアカタログを1冊持っていると便利です。

顔の形・髪の長さ、ドレスの形・小物別などで、花嫁の髪型が提案されていたり、全身が写っているものが多いので、全体像のイメージが付きやすく気になる髪型が探しやすいです。

また、花嫁メイクが一緒に載っているものも多いですよ。

ベールの着ける位置、ティアラ・ヘッドアクセなど色々載っているのも、花嫁の髪型専門本を買うメリットだと思います。

私は打ち合わせの時に、本に付箋をつけて持って行き『前髪はこんな感じで、後ろはこんな感じ』と伝えました。ベールの位置を考えるのにも役立ちましたよ。

美容院のように雑誌やカタログ貸してくれる場合もありますが、あらかじめ探しておく方が打ち合わせを有意義におこなえると思います。

2.ドレスの試着写真

ドレスの小物合わせの際に、結婚式当日に着ける予定のヘッドアクセサリー類を着け、イメージに近い髪型にセットもしてもらっていたので持って行きました。

写真を元に「もっとこうした方が良いと思う」など、ヘアメイクさんに提案をしてもらったのですが、自分でも結婚式当日のイメージが作れるので、具体的な話をしやすかったですよ。

3.当日に使うヘッドアクセサリー

レンタルの場合は、ドレスと一緒に会場に送られてくることが多いと思うので持って行けないですが、自分で花冠を用意しているなどであれば、実物がある方がヘアメイクさんが髪型を考える際に参考になると思います。

私も実物を持って行き、頭に乗せながら髪型を微調整していきました。

イメージ・良いなと思っている・嫌なこと等はしっかり伝えて!

髪型が具体的に決まっている場合は出来るだけ細かく伝えるようにして下さい。伝わっていたと思ったら伝わってなかった!ということもあると思うので。

具体的に髪型やメイクを決められない場合は、「これは嫌」ということを具体的に伝えると、意思疎通がしやすくヘアメイクさんも提案がしやすそうかなと感じました。

実際に出来上がった花嫁ヘアメイク

私が実際にヘアメイク打ち合わせで伝えた内容と結婚式当日の髪型です。

ウェディングドレスの髪型

打ち合わせで伝えた内容

イメージ・やりたい髪型

  • 教会式の厳かな雰囲気を大切にしたいので落ち着いた印象が良い
  • 髪型はローマの休日のオードリー・ヘップバーンみたいに

やりたくないこと・気になること

  • 髪をひっつめてしまうとキツイ印象になってしまいそう
  • 頭頂部が平らでトップにボリュームがない
  • 頭の後ろが絶壁で丸みがない

普段美容院でも伝えている髪や骨格の悩みなども伝えました。

結婚式当日の髪型

散々言っているローマの休日のオードリー・ヘップバーンの髪型を基本に、キツイ印象にならないよう、前髪を少し立ち上げ後ろ髪はカールしてからまとめることで柔らかい印象に。

気になっていた後頭部の絶壁と頭頂部も気になりませんでした。

カラードレスの髪型

打ち合わせで伝えた内容

イメージ・やりたい髪型

  • アットホームな披露宴にしたい
  • 挙式とはガラっと印象を変えた髪型にしたい
  • ウェディングドレスとのギャップを出す為、降ろした髪型にしたい

やりたくないこと・気になること

  • 特になし

結婚式当日の髪型


小物合わせの時の写真を見て、髪色があまり明るくないのとドレスの色とのバランスで、「全部髪を降ろすと重くなると思う」とヘアメイクさんのアドバイスで、片側にまとめる髪型にしました。

前髪はセンターパートにして横に流して自然な感じに。耳も出した方が重くならないとの事で、顔周りをすっきりとさせた髪型です。

花嫁メイク

打ち合わせで伝えた内容

イメージ・やりたい髪型

メイクに関しては、どんな感じのイメージとかはなかったので、結婚式・ドレスに合う花嫁メイクをしてくれるはずと、完全にヘアメイクさんにお任せ予定でした。

やりたくないこと・気になること

  • 普段しっかりメイクなので、打ち合わせ時よりも薄いメイクにしないで欲しい
  • つけまつげは気になるのでしたくない
  • 目がキツイので、柔らかくなるようにして欲しい

結婚式当日のメイク

写真は見せられませんが、打ち合わせで決めた内容はこちら。

  • アイラインなども引いてアイメイクはしっかりとする
  • 挙式は神聖なイメージなので、ゴールドやブラウンなど色味を使わないメイクに
  • 披露宴は柔らかい印象になるように、ピンクなどの暖色系を使ったメイクに

など、私の要望に沿った提案をしてくれました。

当日の仕上がりも、しっかりメイクなのにいつもより柔らかい印象に仕上げてくれましたよ^^

普段からキツクならないように自分でも気を付けているのですが、さすがプロだなという大満足な仕上がりでした。


意外と決めるのが難しい花嫁ヘアメイクですが、打ち合わせの参考にしてみて下さいね。