結婚式のヘアメイク・着付け代にかかる費用と節約ポイントとは?

結婚式費用には、見学の段階では必要最低限しか記載されておらず、見積もりに記載がされていない項目があることが多いです。

「えっ?これお金取るの?サービスとして含まれているんだと思ってた…」というものもチラホラ。

この記事では、ヘアメイク・着付け代の追加料金がかかってくる可能性がある項目をチェックしていきたいと思います。

結婚式費用は少しの積み重ねが後に大きな金額になるので、契約前にどこまで含まれるのか、しっかり確認して下さいね。

それぞれの項目の確認事項を詳しく見ていきます。

新婦ヘアメイク

この項目名だと「結婚式1日を通してのヘアメイク代」の金額だと勘違いしてしまいますが、基本的には『新婦に一番初めに施されるヘアメイク』の事です。

花嫁として完成するまでの準備にかかる金額なので、髪型の変更はもちろん、ヘッドアクセサリーを取るだけでも別途料金がかかることも。

私達が見学に行った式場は殆どが「準備~お色直し~引き上げ料」の料金で4~10万円でした。

ベールアウト

これ知った時ビックリしたのですが、『挙式を終えて、披露宴ではベールを外す』という時にかかる料金です。

ベールを外すだけですが、見学に行った式場の1つは3000円のところがありました。

ベールアウトで別途料金がかかる場合は、お色直しまで外さないという選択も良いと思います。自分では外せませんが「ベール外すだけなのに…」と思ってしまいました。

私はベールアウトに別途料金はかかりませんでしたが、ベールが母の手作りだったので、あえて披露宴でも付けていましたよ。

ヘアメイクさんに付けていても違和感がないか確認しましたが「大丈夫ですよ。付けたままの方もいますよ」との事でした。

ヘッドアクセサリー変更

挙式では白の髪飾りで披露宴(お色直し前)はピンクの髪飾りになど、ヘアアクセサリーを付け替えてもらう時にかかる料金です。

友人に付き添って見学に行った式場では『ヘッドアクセサリーの変更・取り外し:5000円』のところがありました。

ヘアチェンジ

お色直しなどで髪型を別の髪型に変更することです。

見学に行った会場はお色直しの項目に含まれていたので、お色直しに含まれていることが多いのかもしれませんが、見積もり等に明記されていない場合は確認した方が良いと思います。

妹は「お色直し時のヘアチェンジ:15000円」だったそうです。

ヘアチェンジを行う場合、ベールアウト・ヘッドアクセサリー変更の料金が含まれていることもありますよ。

新婦着付け

こちらも結婚式1日ではなく、初めの1着を着る準備のことです。

※ヘアメイクさんが着付けも兼任で『ヘアメイク』の項目に含まれる場合もあります。私が見学に行った式場は全て、着付けはヘアメイク代に含まれていました。

新婦お色直し

ウェディングドレス→カラードレスなど、衣裳を変える場合の項目(2回目の着付け代)です。

お色直しを考えている方は、『お色直し』の記載について詳細がない場合は、お色直しをする場合の料金はどうなるのか確認した方が良いと思います。

私達が見学に行った式場では「お色直し:18000円~25000円」で、利用した式場では25000円のお色直し代(ヘアチェンジ含む)はプレゼントで0円になっていました。

また、お色直しを行う場合はヘアチェンジ代が含まれていることもあります。

引き上げ

結婚式用の花嫁ヘアメイクから普段の髪型・メイクに戻してもらうことです。

そのままでも良い方や自分で戻せば必要ありません。

私の場合はヘアメイク代に含まれていましたが、普段からしっかりメイクなため花嫁メイクでも大して違和感はなかった為、そのままで帰っても良かったのですが、せっかくなので髪だけラフにしてもらいました。

私が見学に行った式場で別途引き上げ料がかかるところはありませんでした。

新郎仕度代

新郎の仕度・ヘアメイク代のことです。

詳細は別記事で紹介しているのでそちらを参考にして下さい。

私たちが見学した式場は2500円~3500円(利用した式場は3000円)でしたが、洋装の見積もりだったため和装だと金額が上がるかもしれません。和装を予定している場合はよく確認をして下さい。

ヘアメイクリハーサル

結婚式当日のヘアメイクを事前にやってもらうことです。

打ち合わせだけではやりたい髪型が上手く伝わらない・当日ちゃんと思った通りのヘアメイクに仕上がるか不安などを解消するために、実際のヘアメイクを作りながら相談・確認をおこなっていきます。

ウェディングドレス・カラードレスともにおこなうと、2回分の料金がかかる場合もあるので注意が必要です。

見学にいった会場は「ヘアメイクリハーサル:15000円~20000円」で、利用した式場はヘアメイクリハーサル1回:13000円・2回:20000円でした。

ヘアメイク・着付け代の節約ポイント

私達が利用した式場では「準備~お色直し~引き上げ料まで全て込み」と、髪型と着付けにかかる費用が「ヘアメイク代」に全て含まれていましたが、もし個々に料金がかかっていた場合の節約効果も紹介します。

細かく加算される項目は、こだわりがなければ追加しない

私は「ベールアウト」はおこなっておらず、「引き上げ」はなくても良かったため、もし一律3000円かかる項目だったとしたら、6000円の節約になっていました

思い切ってヘアチェンジをしない

髪型を変えず、ヘッドアクセサリーを変えるだけでも印象は変わって見えると思います。

似た髪型で比較してみるとこんな感じ↓↓

ウェディングドレスの方にベールが付いていたり、カラードレスのヘッドアクセサリーがもっと大きいボリュームがあるものだったりすると、もっと印象が変わって見えそうですよね。

ヘアチェンジ代が15000円、ベールアウト・ヘッドアクセ取り付けに一律3000円掛かる場合、髪型を変えず小物の変更だけにすると15000円-3000円×2=9000円の節約になります。

ヘアメイクの外注を考える

式場が外注OK・外注の場合の別料金(持ち込み料など)もかからなかったので私も検討しました。

しかし、金額に差が殆どなかったのと、デメリットの方が大きそうだったので私は式場のヘアメイクさんにお願いしました。

調べた結果、考えられるデメリット

  • 拘束時間・持ち込み料次第では外注の方が高くなることも
  • 式場の美容室を使わせてもらえない可能性がある
  • 慣れない場所での準備に時間がかかり、進行が遅れる可能性がある
  • 式場スタッフと連携が取りづらく、進行に影響が出る
  • アテンド込みの場合、勝手が分からずスムーズに動けないかもしれない

いくつか外注の会社を探してみましたが、私の場合は安いところでも式場と10000円ほどしか変わりませんでした。準備から披露宴終了までとなると拘束時間が長く、かえって高くつく事も。

短時間の契約だと結婚式前の準備だけで、化粧直しをしてもらえないという事になります。両親の手紙で泣いて崩れた顔で、ゲストをお見送りする羽目になったりしたら嫌ですよね…。

私が外注を断念した一番の理由は進行に影響が出る可能性があることです。

式場スタッフ・ゲストに迷惑がかかるかもしれないリスクを抱えてまで、10000円の節約をする価値はないと思いました。

もっと大きな節約効果が期待できる場合や、ヘアメイクの外注対応に慣れている会場など条件によっては検討する価値があると思います。

新郎には一人で仕度をしてもらう

私たちは洋装だったため旦那と相談して「新郎仕度代はなし」にしました。

新郎仕度代は3000円だったので、3000円の節約になりました。

ヘアメイクリハーサルをやらない

ヘアメイクリハーサルをやるか迷う方も多いと思いますが、私は必要ないと判断し、やりませんでした。

利用した式場では、1スタイル13000円・2スタイル20000円だったので、13000円以上の節約になり節約効果が大きかったです。


結婚式費用は、ヘアメイク以外にも細かく金額が加算されていくことが多く、気付いたら何十万も高くなっていた!ということもあるようです。

よく検討して必要のない部分は追加しない・削っていくように心がけると、節約につながりますよ。